Pocket

2015年より運行を開始し、当初、今年の3月までの運行を予定していた「500 TYPE EVA」新幹線は、大好評につき来年春ごろまでの運行に期間を延長しました。

 

この度、JR西日本と近畿日本ツーリストは共同企画として「500 TYPE EVA」新幹線を使用した、ツアー専用団体臨時列車を初めて運行することを発表しました。

 

(JR西日本ニュースリリース:https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_9964.html)

 

 

のぞみ時代を思い出す停車駅数

ツアー専用の団体臨時列車のため、停車駅数が絞られるのは当然ながら、元”のぞみ”で活躍していた500系が、8両短縮とはいえ往時の”のぞみ”停車駅数に匹敵するツアー列車の運行には胸躍ります。

 

現在、こだま仕業のみで山陽新幹線内で活躍する500系が久しぶりののぞみ級運転とあって大きな注目を集めそうです。

 

 

企画概要

1.運転日

<下り>

4月1日(土)出発

新大阪駅8:11発⇒博多駅11:40着⇒博多総合車両所11:58着

 

<上り>

4月2日(日)出発

博多駅13:47発⇒新大阪駅16:24着

 

2.使用車両

500系8両編成「500 TYPE EVA」

 

3.途中の停車駅

新神戸駅・姫路駅・岡山駅・広島駅・小倉駅・博多駅

 

4.旅行代金

(1)「実物大コックピット搭乗体験」&「博多総合車両所」見学付 博多1泊2日(70名様)
・旅行代金:新大阪発おとな一人あたり 39,800円から42,800円
・オリジナルグッズ2点(「500 TYPE EVA オリジナルNゲージ」と「500 TYPE EVA オリジナルバスタオル」)付き
・往路のご昼食には「エヴァンゲリオンプロジェクト弁当」をご用意

 

(2)「オリジナルグッズ」&「博多総合車両所」見学付 博多1泊2日(30名様)
・旅行代金:新大阪発おとな一人あたり 31,800円から34,800円
・オリジナルグッズ1点(「500 TYPE EVA オリジナルバスタオル」)付き

 

【博多総合車両所見学コースの主な内容(見学時間:約90分)】
・概要説明
・展示室見学(総合表示盤、ジオラマ、模型展示、0系運転台シュミレータ)
・屋上見学
・着発線見学
・洗浄線見学

 

詳細は⇒こちら

500 TYPE EVA新幹線

2015年、山陽新幹線全線開業から40周年、エヴァンゲリオンはTV放送開始から20周年を迎えました。

 

この2つの周年を記念してJR西日本では、山陽新幹線「こだま」で運用されている500系8両編成に対して、「エヴァンゲリオンプロジェクト」を始動。

 

2018年春ごろまでの期間限定で運行を行っています。

 

 

 

人気の記事

気軽に長距離を楽しめる列車の構想?JR西日本が長距離列車検討

有料通勤ライナー復活へ、”特急型車両”を購入?(しなの鉄道)

E3系こまち、リバイバルで復活 秋田新幹線開業20周年記念号

幻の”夜行新幹線”計画、実現の可能性は?

いよいよ9月にお目見え?復刻新製・旧型客車風JR西日本から登場

583系秋田車、引退の足音?恒例の秋田支社団臨がE653系化

 

 

 

関連記事

初めての首都圏発着、北陸新幹線E7系 臨時列車運転

E3系こまち、リバイバルで復活 秋田新幹線開業20周年記念号

700系C編成・新幹線方向幕スマホバッテリー

携帯電話通信の不感地帯解消へ。山陽新幹線全線

W7・E7系も北海道新幹線に直通可?JR西日本臨時直通便検討(毎日新聞)

東海道新幹線700系最終章 残すは「こだま」のみ。のぞみ・ひかり号はN700Aタイプへ

山形新幹線「とれいゆつばさ」が初めて上野から出発

東海道・山陽新幹線に”君臨する”、N700系新幹線

 

 

 

Pocket

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

ITEM CATEGORY

ITEM RANKING

SNS